【3Dゆっくり解説】得意のサーキットでなぜ?『1986年スポーツランドSUGOテスト走行事故』



『1986年スポーツランドSUGOテスト走行事故』(1986.4.7)

星野一義の弟子として若手筆頭の地位を築いた萩原光(はぎわら あきら)
の生涯と、所属していたレイトンハウスレーシングの誕生・終焉、
萩原光の最後の走りとなったスポーツランドSUGOテスト走行について
解説します!

・1977年:富士500kmでレースデビュー
・1978年:TSレース初優勝
・1979年:星野一義と師弟関係に
・1980年:全日本F3選手権デビュー、総合4位
・1981年:全日本F3選手権で優勝3回、総合2位
・1982年:全日本F2選手権デビュー
・1985年:レイトンハウス誕生
・1986年
  ・全日本耐久選手権のマシントラブル
   →決勝が欠場となり、急きょスポーツランドSUGOへ
  ・テスト走行での事故
  ・事故の原因
・1987年:レイトンハウス、F1へ
・1990年:バブル崩壊
・1991年:F1撤退
・1992年:レイトンハウス解散

▼今後も解説動画を継続的に投稿していきます。ぜひチャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/channel/UC8P6XNuXzkOq4YV9d4CRyUQ?sub_confirmation=1

#3Dゆっくり解説

動画はこちら→ https://youtu.be/GTgpxqfPQOc

タイトルとURLをコピーしました