【2017年茨城】突然破裂したプルトニウム粉末…研究室が汚染され、作業員が内部被ばく…「開発センター被ばく事故」【ゆっくり解説】



#放射線 #プルトニウム #被ばく
今回紹介するのは、以前リクエストがあった「開発センター被ばく事故」です。
茨城県某所には、使用済み核燃料の再利用に関する研究を行っている、開発センターがありました。
この施設は昭和の時代に建設された古いもので、その中でも燃料研究棟は、数年後に閉鎖が決定されており、この日は保管されていた燃料試料の確認が行われていました。
この作業は、作業員によって手作業で容器のふたを開けるものでしたが、突然中身が爆発し、粉末のプルトニウムが研究室内に飛び散りました。
この事故で、研究室にいた5人の作業員が内部被ばくするという、恐ろしい事態に・・・・

なぜ、この容器の中身は突然爆発したのでしょうか?

この事故の背景には、組織体系、放射性物質の管理、各作業員の意識など、様々な要因がありました。

00:00 冒頭挨拶
00:30 視聴上の注意
2:04 高速炉燃料研究棟
3:11 容器の確認作業中の事故
4:40 汚染状況
6:12 多くの事故要因
7:05 推定される内部被ばく原因
7:48 最も大きかった管理体制の杜撰さ
10:09 その後の取り組み

引用・出展・参考文献
日本原子力研究開発機構
https://ishort.ink/Nr1W
経済産業省 資源エネルギー庁
https://ishort.ink/WrEw
JPSS
https://ishort.ink/wS5g
https://ishort.ink/3NQa
その他視聴者提供資料など

※この動画は過去の事件を知り、現在でも同じことが発生する危険性を再認識、関与しないように促すための動画であり、視聴者を扇動、動揺を誘うためのコンテンツではありません。

ご要望にお応えして、メンバーシップの開設を行いました。
下記URLからも登録可能ですので、ご興味がある方は是非ご参加ください。
https://www.youtube.com/channel/UCcT5a1J7XJW7CLYI2RKl4pw/join

動画はこちら→ https://youtu.be/a8VCNcRU4gQ

タイトルとURLをコピーしました